使いやすいプロダクトへのこだわり

最近、Twitterで、ユーザーから嬉しいコメントを多数いただきます。

Coincheckでは、エンジニアが、本気で「ユーザーが使いやすいプロダクト」を追い求めて開発しています。

image

彼らは、自分のプロダクトに誇りと自負を持ち、今できる最高のプロダクトを開発するために、時間も労力も惜しまず費やしています。

そのため、このようなコメントをいただけると本当に嬉しいです。
自分たちが人知れず努力し続けてきた時間が報われた気持ちになります。

語弊を恐れずに言えば、Coincheckでは、株主の言うことを全く気にしていません。
競合も気にしていません。(正確に言うと、気にしている時間が惜しい。)

ただただ、「ユーザーが望むプロダクトは何か?」という問いと向き合い、プロダクトを開発し続けてリリースする。そのことに開発リソースが集中しています。

「使いやすいプロダクト」を開発することは、非常に難しいことです。集中し続けないと、本当に良いプロダクトは開発できません。

私が影響を受けているインタビューの1つに、 1995年に行われたスティーブ・ジョブズのインタビューがあります。

スティーブ・ジョブズは、このインタビューの中で「すごいアイデアから優れたプロダクトを生み出す」ことについて、以下のように語っています。
  
++++++++++++++++

すごいアイデアから優れたプロダクトを生み出すには、大変な職人技術の積み重ねが必要だ。

製品に発展させる過程で、アイデアは変容するし成長する。
細部を詰める過程で、多くのことを学ぶし、妥協も必要になってくる。

 電子 プラスチック ガラス それぞれ不可能なことがある。

工場やロボットだってそうだ。

だから、プロダクトをデザインする時には、5000のことを一度に考えることになる。
大量なコンセプトを試行錯誤しながら組み換え、新たな方法でつなぎ望むものを生み出すだ。

そして未知の発見や問題が現れる度に、全体を組み直す。

そういったプロセスが魔法<マジック>を起こすのさ。

++++++++++++++++++

Coincheckでは、<マジック>を起こしたいと思っています。
想像を超えるくらい簡単に、便利に使えるプロダクト。
そんな魔法のようなプロダクトを開発し、ユーザーに使ってもらうことが、私たちが日々仕事をしている意義です。

Coincheckでは一緒に働くメンバーを積極採用中です。
興味ありましたら気軽に応募してください。
お会いできるのを楽しみに待ってます!
http://corporate.coincheck.com/recruit/