11月目標達成

image

今日で11月が終わりました。先月に続き2ヶ月連続で目標達成をすることができました!チームのみんな、おめでとう!目標達成に向けて、チーム全員で創意工夫を重ね続ける姿勢はレジュプレスのすばらしい企業文化だと思います。本当に誇りに思います。

目標を達成するために使えるものは何でも使う姿勢や、貪欲にトライ&エラーを繰り返し、失敗しながらもチーム全員でリカバリーし合いながら、何だかんだやり遂げてしまうこのチームは本当に誇りです。年齢・性別・学歴役職・関係なく、サービスが良くなるために、結果を出すためにアイデアを出し合い、議論しあえる文化は本当に好きです。

以前読んだDeNA南波智子さんの講演に以下のような話がありました。

”誰についていくとか、誰に評価されるとか、あるいは自分ができる、できない、もう少し成長していかないといけないのではないか。そういうことに意識を向けるんではなくて、純粋はチームの目標や自分の目標に向かって、それに本当に集中してみると、すごく充実した人生が送れるんじゃないかと思います。(中略)私は「コトに向かう姿勢」が大事じゃないかなと。人とか自分じゃなくて。そんなふうに感じているし、コトに集中できるチームに呼ばれる人材であれたらいいなと思います。”

レジュプレスはまさに、みんなが「コトに向かい」邁進している感じがします。上司の機嫌をうかがったり、社内政治をする必要もなく、チームに最も良いコトを、それが一番上手くできるやつが自然と率先してやる。失敗は指摘し合うけど責めない。そんな文化があるからできた目標達成だと思います。

今年も残り1ヶ月。「コトに向かい」、達成して良い1年の締めくくりとしましょう!


告知
レジュプレスでは、Railsエンジニアとユーザーサポートを募集しています。僕らと働いてみたいという方、気軽にコンタクトしてみてください。
http://www.resupress.com/1245612531124721249112450.html

—–
前の記事
分報

分報

昨日よりcoincheckチームでは分報を始めました。分報についての詳しい説明はこちらを読んでいただくと良いと思いますが、分報とは、Slackなどの社内チャットツールを使い、「今やっていること」や「困っていること」をつぶやく仕組みです。メンバーが気軽に課題をリアルタイムに共有できるのが特徴です。

分報を始めてみて良いなぁ〜と、感じる点は、チームの改善のサイクルがこれまで以上に早くなった気がします。coincheckは少人数精鋭チームを意識的に保っているため、問題解決スピードは、早い方なのですが、分報を始めてからは、ほぼリアルタイムに個々人の細かい課題が解決するようになったように感じます。

エンジニアがちょっとしたことでつまづいたことを分報につぶやくことで他のエンジニアが解決策をすぐに提示できたり、営業も欲しい資料をつぶやくと社内の誰かが既存の資料のありかを教えてくれたりして効率的に活動できているように見られます。つぶやくという気軽な行動で社内の動きがリアルタイムに透明化されアドバイスしあう文化が、より浸透した気がします。

会社を経営する上で意識していることの1つに透明性があります。私の信念として、「人は同じ情報を得ていれば、結論はほとんど同じになる。」というのがあります。分報を通して情報共有レベルがスピード・質ともに向上したため、チームコンセンサスも早く正確になり議論も減り意思決定が早くなったと思います。

オススメですので、気になる方は分報をチームに取り入れてみてください。


前の記事
タスクを自分でしない

タスクを自分でしない

 最近、タスクを極力自分でやらないことに挑戦しています。スタートアップスは人が足りないためタスクの数は膨大です。特に経営者・役員になると膨大な数になります。決算・採用・法人営業・広報・インタビュー対応… タスク1つ1つを考えると自分で全てをやってしまった方が早いです。しかし、人間の時間は24時間ですので、全て自分でやると必ずタスク過多になります。そのため、今の私の極力自分のタスクを自分でやらないことに挑戦しています。

自分でやらないとなると、他のメンバーが気持ち良く取り組んでもらえるようにする工夫が必要です。「タイトな期日で依頼しない」「メンバーが工夫する余地を残しておく」「仕事の目的を告げる」「メンバーを信じて待つ」自分でタスクをやらない方が難易度が高いためこれができるようになれば、一つ上の階段を登れるのだと思います。

継続性

悩むよりもやってみる。やってみるのも1度ではなく継続してやってみる。継続してやってみることで成し遂げられることがある。多くの一流と呼ばれる人々の対談を聞くと継続性の重要性を説いていることがわかる。多くの人は継続することができない。継続できない理油は意志が弱いとか考えがちだがルーチーンになってないことが理由なことが多い気がする。ということで、私も毎日このブログを更新することをルーチーンにしてみたいと思う。毎日書くという制約を設けることで継続して続くかもしれない。まずは内容にこだわらず、誰に読まれることも意識することなく、意識することなく、書き続けることにフォーカスして継続することに挑戦してみたい。

オーディオブック

最近オーディオブックが便利で活用しています。本を読むよりも負担なく本を聞けるので便利です。移動中や子守り、家事をしながらも聞けるので隙間時間も有効活用ができるので重宝しています。新刊を聞くこともあるのですがもう一度読みなおしたい本を読むときにも便利です。良書は何度読んでも気づきを与えてくれますし、何度も読むことで理解も深まります。

以前は、febeというサービスを使っていました。最近は、audibleというサービスがamazonから開始されたのでこちらも併用しています。オーディオブックはまだまだコンテンツが十分にはないため増えて欲しいところです。