その機能をデフォルト表示するか否か?

UIを検討し機能を整理・優先順位をつけると下記のような問題にぶつかる。

 ・その機能をデフォルトで表示するか否か?

迷った場合考える判断軸は、想定クライアントの立場にたち、
以下の問いに自問し全てOKであればデフォルト表示する。

◆判断軸
 (A)実績として多くのクライアントが利用しているか?
 (B)実績としてクライアントの利用頻度が高いか?
 (C)未来的に自社として押していきたいか?

(A)実績として多くのクライアント利用。(B)利用頻度も高い

 この場合、(C)を考えるまでもなくデフォルト表示

(A)実績として多くのクライアント利用。(B)利用頻度は低い(C)自社として押したい機能

 多くのクライアントが利用しており、自社としても今後の展望(世界観・売上etc)を考えると
 押していきたい機能。しかし、現状利用頻度が低いようであればデフォルト表示をして
 積極的活用をUI上で提案していきたいところ。
 例としては、Salesforceのchatter。導入時の利用実績はなし。しかし、Bussiness socialをコンセプト
 にしているSalesforecとしては全面に押し出してUI設計。
 このパターンはプロダクトの世界観があってできること。(のような気がする)

(A)実績として多くのクライアント利用。(B)利用頻度は低い(C)自社としては補足機能

 多くのクライアントが利用しており、しかし、現状利用頻度が低く、積極的活用を促す機能ではなく
 補足的な機能。
 例としては、送信予約や、宛先グループのカスタム設定。数回画面遷移すればできるように設計する。

(A)実績として少ないクライアント利用。(B)利用頻度は高い

 実績としては利用クライアントは少ないが、利用するクライアントは毎回(高頻度)で利用する機能。
 この場合は、クライアント設定で画面を別で作りデフォルト表示する、か、クライアント設定で
 UI要素を見せ分け。

(A)実績として少ないクライアント利用。(B)利用頻度は低い(C)自社として押したい機能

 これは本当に自社として今後の展望(世界観・売上etc)を見据えると押していきたい機能。
 明確な世界観を必要とする。(と思う。)各チャネル(営業・販促・サポート)と連動して
 積極的にクライアントに案内していきたい機能。

(A)実績として少ないクライアント利用。(B)利用頻度は低い(C)自社としては補足機能

 デフォルト非表示

Colours In Cultures

Colours In Cultures

WEBページ編集に参考になるサービス

Stores.jp

最短2分でオンラインストアが作れることを売りにしているサービス。
オンラインストアで「最低限必要なこと」に絞り込むことで、「シンプルなUI」を
実現している。
WEBページ編集画面はとても参考になる。